生まれ育ったヨーロッパでもう一度生きていきたい!そう決めた私のお話です。

瀬戸さんが経営する「自豊暮」に行ってきました!

皆さん、こんにちは!

Amiです。

 

突然ですが、質問です!

「あなたの夢はなんですか?^^」

 

こんなことがしたいなぁ〜

こんなところに住みたいな〜

こんな家に住みたいな〜

こんな生活したいな〜

 

 

いろんな「好き」があると思います。

でも、中々叶えてあげられないことも多かったり
もしかしたら諦めている方もいるかもしれません。

 

 

私も今自分の理想のライフスタイルを求めて動いている真っ最中です!

 

そんな中、先日とっても素敵な出会いがありました。

 

 

 

その方がこちら

 

自豊暮(しふく)』を経営する瀬戸さんご家族です。

(左から結心くん、瀬戸孝明さん、美琴さん)

 

静岡県御殿場市富士山の麓の緑が綺麗な豊かな土地で
カフェ・レストランを経営されています。

 

自宅兼カフェの素敵な建物は瀬戸さんご夫婦の好きが目一杯詰まった暖かい空間です。

 

入り口の扉を開けると広がるちょっと懐かしい土間。

 

 

そこを抜けると・・・

 

 

木のぬくもり溢れるカフェスペース。

 

 

元倉庫だったとは全く思えない!

しかも、リフォームはほぼご主人のご家族や以前お世話になった方々が
手がけてくださりハンドメイドだというから驚きです!

 

ご夫婦の暖かいお人柄が溢れるエピソードにほっこりするのはもちろんですがそればかりではありません。

 

 

お料理も瀬戸さんたちのこだわりと愛情がたっぷりなんです♡

 

この日頂いたのは、、、

 

自家製茶葉で作られた「和紅チャイ」と南瓜のプリン。

所有されてる茶畑で採れたお茶で飲むチャイは身体も心も温まります。

 

提供されてるお食事はもちろんこだわり抜いている食材と調理法ですが、
実はそればかりではないんです!

 

このお皿もカップも全てに自豊暮さんのこだわりがこもっていて、
奥様の美琴さん厳選の食器なんです。

というのも、美琴さんは何かを購入する際
必ずその職人さんとお会いしてオーダーをするといいます。

そうすると毎日手に取ったとき、
使うときにその方の顔が浮かんで

「どうしてるかなぁ・・・元気にしてるかなぁ?」

とその人のことを思うことができ、ぬくもりを感じることができる。

その時間が尊くて幸せだと言います。

 

そうお話ししてくださる美琴さんは本当に楽しそうで
聞いている人まで温かくなります。

 

今でこそ笑顔が絶えない瀬戸さんご家族ですが、
美琴さんは私と同じく摂食障害を経験され、
笑うことさえ出来なくなってしまっていた時期も。

 

そんなときふと訪れたご主人の故郷御殿場で本当の自分の心地よさに気づきます。

 

そこからの行動力が半端なくて、

当時大阪でサラリーマンをされていたご主人と御殿場に拠点を移し、
自豊暮をオープン。

 

今の生活をスタートしてからは嘘のように心がほぐれ笑顔も戻ったそうです。

 

本来の自分の心に寄り添い、
他人の意見や価値観ではなく、
自分の心の声に耳を傾けた美琴さん。

 

余計なものをそぎ落とし、
自分の心に従う生活をするようになってから
本当に日々の豊かさを感じる

特別なことは何もないけれど、
一つ一つの出来事や自豊暮での出会いが豊かで幸せだと、おっしゃいます。

 

そんな魅力とバイタリティ溢れる瀬戸さんご家族。
実は来年、大プロジェクトをスタートさせるそうです!

私たちが訪れる数日前までフィリピンのカオハガン島に5ヶ月ほど滞在されており、
その島での経験をもっと多くの方々に味わってもらいたいということで
2018年11月にツアーをスタートするというから楽しみです^^

 

自豊暮さんならではのカオハガン島生活を満喫できること間違いなしなツアーに私もウキウキしちゃいました♬

詳しくはこちらから最新情報をチェックして見てくださいね。

 

私も来月またまたお邪魔するつもりです!

11月は職人さんに作っていただいた薪ストーブで焼くピザやとろっとろの焼きリンゴ

年末には毎年自家製のお米でついたお餅も予約でき、

年明けにはお餅つきなどイベントが目白押しだそうです!

ぜひ、足を運んでみて下さい。
自分の好きと幸せにコミットした瀬戸さんのエネルギーにパワーもらえますよ。

 

みなさんの理想はどんな生活でしょうか??

 

私はとりあえずドイツ移住を頑張ります!

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください